タイトルロゴ

人気の横浜市でお部屋を借りたいならここにおまかせ!口コミで評判の賃貸不動産会社をランキング形式で紹介します。

横浜市のファミリー賃貸不動産物件の家賃相場

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/25

横浜市は住みたい町として人気がありますよね。東京にも近く電車を使えば30分ほどで到着可能です。大規模な公園や商業施設も充実しているので、休日に退屈することはありません。適度に自然が残されていることも人気の秘訣です。実際ファミリー向けの賃貸不動産の家賃相場はどれくらいでしょう。どのエリアに住むかで大きく違ってきます。

エリアで異なる横浜市の家賃相場

同じ横浜市でも地域によって家賃相場は大きく異なります。中心部ほど高く、中心部から離れて郊外に行くほど安くなっている傾向にあるようです。最も相場が高いのは神奈川区で、反対に安いのは瀬谷区です。

例として2LDKファミリー向け不動産について考えてみましょう。神奈川区や中区では20万円近くします。しかしその一方で瀬谷区や磯子区では8万円前後になっています。どこに住むかでこれほど家賃が異なるため、家計のやりくりに大きな影響を与えるでしょう。

当然ながら家賃だけで判断することはできません。便利な場所に住むことにはさまざまなメリットがあります。交通の便がよく、都心にも行きやすいと大幅に時間を節約できるでしょう。横浜市は場所によっては車が必要です。郊外に住むことで家賃を抑えても、車の維持費がかさみます。そのため、現在の仕事場や子どもの学校のことなど、ライフスタイルにあったエリアに住むことが大事です。通勤時間や通学時間は短いとストレスが少ないためです。

同じ地域でも賃貸不動産の相場は違ってきます。建物が新しい方が高いのは当然です。築四十年以上の集合住宅をリフォームしている物件も人気があります。築年数が古い分、格安で住めるためです。何を優先させたいかを家族でよく話し合うことがポイントです。多少割高でも綺麗で新しい物件に住みたいと思う人もいるかもしれません。

横浜市の家賃相場に影響する要素

家賃相場はどのようにして決まるのでしょうか。家賃相場には、物件の立地条件や築年数が関係しています。たとえば横浜市で最も賃貸不動産が高いのは神奈川区です。ファミリー向けであれば20万円以上します。ところが作られてかなりの年数が経過している物件は10万円程度で借りることも可能です。築40年近いものは格安物件となります。

ただし古いとはいっても、内装は新しくしていることがほとんどでしょう。とくに水回り、お風呂やキッチンはきれいにリフォームされています。部屋の中だけ見れば、それほど古いという印象は受けないでしょう。

他にも駅から近いと賃貸不動産の値段は高くなります。駅から近いと交通の便もよく、駅付近には商業施設が充実しているためです。毎日電車に乗って通勤する場合、駅からの距離は非常に重要です。エリアによっては、駅までバスで行かなければいけません。さらにバス停までも離れているという物件もあります。そうなると職場までたどり着くのに、長時間かかることは避けられません。

横浜市に住んでいると聞けば、都会をイメージするかもしれませんが、エリアによっては地方都市の郊外並みに不便なところもあります。そのため家賃だけで判断せず、生活していくのに充分な環境が整っているかを確認しましょう。物件だけでなく、周囲に銀行や病院などがあるかどうかも要チェックです。自家用車がない場合はとくに念入りに周辺環境を確認しておきましょう。

横浜市でファミリー向け3LDKの相場

家族が多い場合は広めの家に住まなければいけません。子どもがそれぞれ自分の部屋を持ちたいという場合もそうです。子どもが小さいうちは、リビングで遊んだり宿題をしたりするでしょう。思春期に入るとプライベート空間が欲しくなることが多いため子ども部屋が必要です。そうなると3LDK程度の広さは必要です。

横浜市の相場は8万から20万で、中心部に近いほど高くなります。毎月20万近くの家賃を支払うのは、よほどの高収入でないと難しいでしょう。13万円前後が平均的な相場です。もちろん家賃だけでは賃貸不動産の良し悪しはわかりません。掘り出し物もあるかもしれませんし、逆に相場よりも高い物件もあります。

満足のいくファミリー向け不動産物件を探すポイントは、より多くの情報を集めることです。異なる不動産物件の会社に依頼すると、さらに多くの情報が得られるでしょう。依頼したのに他の会社にもお願いするのは悪いと考える必要はありません。会社によって保有している情報が違うためです。

時間がせまっているときは妥協して決定するかもしれませんが、毎日生活する場所だということを念頭に置いて、慎重に考える必要があります。初期費用にもかなりかかりますから、賃貸であっても大きな出費になります。横浜市は坂が多いので、実際に内見をすることは必須です。坂の上にある家に住むのは通勤だけでひと苦労でしょう。

 

横浜市のファミリー向け不動産賃貸の相場は8万から20万の間で、建物の古さや立地条件でかなり異なります。満足いく家探しためにはどんな所に住みたいかをよく考えて、明確にすることが大事です。条件を紙に書きだすと、こだわりたいポイントや要望がかなり整理されてくるでしょう。

賃貸不動産会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社VALOR(バロー)タウンハウジング横浜店ミニミニ神奈川横浜西口店ハウスコム横浜店株式会社サークルホーム 横浜西口店
特徴大学周辺の賃貸物件情報が豊富地元出身のスタッフが満足するまで物件を紹介公式サイトで駅チカ・築年数・家具家電付きなどの物件を検索できる建物の場所から得られる経験を踏まえて物件を提案賃貸のすべてをまかすことができる不動産会社を目指している
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索