タイトルロゴ

人気の横浜市でお部屋を借りたいならここにおまかせ!口コミで評判の賃貸不動産会社をランキング形式で紹介します。

賃貸不動産の基礎知識|新築アパートのメリット・デメリット

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/11


新築アパートにはメリットとデメリットが共存しています。アパートを借りる前にそれらをしっかりと確認しておく必要があります。案外知られていないのが、新築アパートのデメリットではないでしょうか。新築であるということだけでメリットを中心に考えがちになります。新築物件の特有の危険性については充分に熟知しておくことが大切です。

新築の賃貸物件にはデメリットもあります

横浜市で賃貸不動産物件を探し出すのは比較的容易です。数が多すぎてどの不動産屋さんのものを選べばよいのか迷ってしまうほどです。最初に悩んでしまうことは新築の賃貸物件にするか、中古の賃貸不動産物件にするかということでしょう。家賃が安いのはやはり中古の賃貸物件ですが、実際に住んでみて快適なのは新築物件ではないでしょうか。

しかし新築の賃貸不動産物件にはデメリットもありますので注意が必要です。新築物件の定義は完成から1年が経っていない物件を示します。そしてまだ誰も人が住んでいないことが条件です。新しい物件に特有のデメリットは、建材や壁紙に使う化学物質が原因でシックハウス症候群にかかる危険性があるということです。

それを防ぐためには、アパートを借りる前の内見が絶対に必要です。内見でそこに30分もいれば充分でしょう。問題は賃貸物件がまだ完成してないときです。その場合には賃貸物件を借りる前の内見ができませんので、シックハウス症候群についてのチェックができないということになります。そのような時には別の賃貸物件を探すのがよい方法です。

横浜市には賃貸不動産物件がたくさんありますのでまったく心配は要りません。自分が納得するまで賃貸物件の内見を実施すべきです。そうすることで家族が安心して暮らすことができます。新築アパートに転居された人は、まずお部屋の換気をこまめにするのがよいです。お部屋に使われている化学物質は時間の経過とともに消失します。

新築の賃貸物件のメリットにはどんなものがあるのでしょうか

横浜市で賃貸不動産物件を探す場合でも、家族のことを考えれば新しい物件の方がおすすめに決まっています。さいわい横浜市には数多くの不動産屋さんが賃貸不動産物件を提供されていますので、その中から自分の家族に一番適しているものを探すのは難しいことではありません。これから家族が移り住む住宅は新しければ新しいほどよいということになります。

一番大きなメリットはやはり内装や外装がとても綺麗で、住みやすいということでしょう。そのような物件には最新の設備が整っていることが多いです。システムキッチンにしても今を代表するような最新のものが設置されています。ここは家賃が多少お高くなっても愛する家族や奥様のために、できるだけ最新式の物件を選んであげることが大切です。

お部屋を使う最初の人になれるというのは、私たちの人生の中でもそんなに何度もあることでありません。そのような素晴らしい体験を家族に与えてあげるのも大切ではないでしょうか。新しいアパートには大きなメリットがあります。

同じ時期にたくさんの人が入居しますので、お隣近所と顔なじみになりやすいというメリッがあります。その際に大切なのは同じような世代が集まるような場所を見つけてあげることです。同世代が助け合って暮らせるような素敵なコミュニティであれば、家族はそのアパートで幸せに暮らすことができます。

アパートを借りる前の内見はとても大切です

横浜市で賃貸不動産物件を探す時でも新築アパートがおすすめなのは変わりません。ですがまったくの新しいアパートというのはなかなか見つけることができません。その際には次の選択肢を考えておく必要があります。具体的には築浅物件やリノベーション物件を選ぶということです。築浅物件とは新しい物件ですが過去に居住者が存在した物件のことを指します。

そしてリノベーション物件とは内装を完全にやり直した物件のことをいいます。築浅物件やリノベーション物件では、まるで新築物件に住んでいるような素晴らしい体験をできます。ほとんどその差は感じることができません。さらによいことに、シックハウス症候群に悩まされる心配が少ないということです。

これが築浅物件やリノベーション物件の大きなメリットです。横浜市でも、新築物件は物件数自体が少なく、なかなか見つけることができません。そのような時には、次善の策として築浅物件やリノベーション物件家族のために選んであげるのがよい方法です。横浜市の不動産業業界でもその分類方法はさまざまです。

たとえば築3年までが築浅物件として掲載されていたりします。そして別の不動産屋さんでは築5年までが築浅物件として掲載されています。一番大切なのはアパートを借りる前の内見です。チェックリストを持参して、アパートの内見を慎重に行うことが大切です。

 

横浜市で賃貸不動産物件を探すのは比較的容易ですが、新しいアパートだけにこだわっているとシックハウス症候群などを体験することもあります。一番大切なのはアパートを借りる前の内見です。家族のために確実なアパートの内見をすることが必要です。

賃貸不動産会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社VALOR(バロー)タウンハウジング横浜店ミニミニ神奈川横浜西口店ハウスコム横浜店株式会社サークルホーム 横浜西口店
特徴大学周辺の賃貸物件情報が豊富地元出身のスタッフが満足するまで物件を紹介公式サイトで駅チカ・築年数・家具家電付きなどの物件を検索できる建物の場所から得られる経験を踏まえて物件を提案賃貸のすべてをまかすことができる不動産会社を目指している
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索