タイトルロゴ

人気の横浜市でお部屋を借りたいならここにおまかせ!口コミで評判の賃貸不動産会社をランキング形式で紹介します。

UR賃貸不動産とは?今さら聞けないメリット

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/11


横浜市は地域のブランドイメージが高く、賃貸不動産の人気も非常に高いものがあります。そうした中、比較的低コストで横浜市内に住まいを確保できる手段として注目されているのがUR住宅です。市内には分譲・賃貸合わせて多くのUR物件がありますが、ここではとくに賃貸住宅に関する特色やメリットについて紹介しています。

横浜は知る人ぞ知る「団地の街」

横浜市はおしゃれでエキゾチックな港町というイメージがあり、不動産の世界でも高い人気を誇ります。しかしその一方で横浜市にはもう1つの顔があります。それは全国屈指の「団地タウン」だということです。高度経済成長の波に乗って発展を続ける首都圏の住宅需要を満たすため、横浜市には1960年代から70年代にかけてたくさんの団地が建設されました。

市の中心部はそれほどではありませんが、郊外部では広大な団地群の姿が目立ちます。そしてその中でもひときわ大きな存在感を放っているのがUR団地です。URは2004年に設立された独立行政法人で、市街地の整備改善や住宅供給などを主な事業としています。前身は1955年に設立された公法人で、いわゆる「公団住宅」の運営を行っていました。

1960年代から70年代にかけて横浜市内に建てられた団地の多くも、この「公団住宅」が前身となっています。URは国土交通省が所管し特別な法律に設立の根拠を置く法人です。そしてその運営本部ですが実は横浜市内にあります。つまり横浜はURのお膝元といってもよいエリアなのです。それと関係があるかどうかは不明ですが、市内における大規模地域開発にはURが関与する機会が多く、1980年代や90年代に造成されたニュータウンにもUR物件がたくさん存在します。それらの一部は分譲されていますが、大半は賃貸不動産です。

最大の特徴は費用面におけるメリット

URが運営する賃貸不動産の特色として真っ先に挙げられるのが、費用面におけるメリットが大きいという点です。先述した通りこの組織は国の監督を受ける特殊法人であり、非常に公共性の高い性格を持っています。そしてその事業も、国民に良質な住宅を提供することで生活の安定をもたらすことを目的としています。そのため月々の家賃も低めに設定されている物件が多いのです。

また、住宅そのもののレベルが高いのも特色の1つです。というのもかつての「公団住宅」はまだ木造のアパートや貸家などが一般的だった時代において、質の高い賃貸不動産はどのようなものであるかを民間事業者に示すため、率先して耐火性や耐震性に優れた集合住宅として建設されたからです。

横浜市内のUR賃貸には築50年、60年といった古い物件が少なくありませんが、見方を変えればそれだけの長い年月を経てもなお住宅の質が低下していないということになります。人によってはこの古さをデメリットと感じる向きもあります。確かに実際の住宅を見てみると外観はいかにも古くさく、デザインにもあまり個性が見られません。

また、間取りも高度成長期の典型的なファミリー向けになっているため、現代のライフスタイルに合っていない面もあります。しかしURでは古い物件に対しても定期的にリニューアル工事を行っているため、物件によっては住戸の内部がすっかり一新されているものもあります。したがって、一概に古いからといって住みにくいとは限らないのです。

初期費用が安く済んで保証人も不要

UR賃貸には入居時のハードルが低いというメリットもあります。一般的な民間の賃貸不動産であれば、入居時には本人の身元や収入などを確認したうえ連帯保証人を立てる必要があります。さらに地域によっても異なりますが、通常は敷金・礼金・不動産仲介事業者に支払う仲介手数料などの初期費用が必要になり、その総額は家賃の5~6か月分にも達します。

これに対してUR賃貸では身分証明書や収入証明書などの書類審査はあるものの、連帯保証人の選定は不要です。また収入の額が家賃に比べて著しく低い場合でも、一定額の貯蓄があれば入居が認められます。言い換えると無職・無収入で保証人がいなくても、貯金さえあれば入居のチャンスがあるということです。これは身寄りのない高齢者などにとっては特筆すべきポイントであるといえます。加えてUR賃貸に入居する際は敷金こそ必要ですが、礼金及び仲介手数料の支払いは不要です。また火災保険への加入も任意です。

そのため、民間の賃貸に入居する場合に比べると初期費用はかなり安くなります。物件の探し方はいくつかありますが、公式ウェブサイトでは空き室情報を随時掲載しています。それを検索しながら気に入った物件を見つけ、内覧などを経て契約手続きを進めるのが一般的です。その他全国各地の支店に直接出向いたり、提携している民間の不動産仲介業者を通じて物件を探したりすることもできます。

 

URの賃貸不動産はかつての「公団住宅」を引き継いだ団地がメインです。デザインや間取りはいかにも古めかしいですが、同じ広さや間取りの民間賃貸に比べると家賃が割安で、また初期費用も安く済むというメリットがあります。横浜で賃貸住宅探しをする際の選択肢の1つとして考えることができます。

賃貸不動産会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社VALOR(バロー)タウンハウジング横浜店ミニミニ神奈川横浜西口店ハウスコム横浜店株式会社サークルホーム 横浜西口店
特徴大学周辺の賃貸物件情報が豊富地元出身のスタッフが満足するまで物件を紹介公式サイトで駅チカ・築年数・家具家電付きなどの物件を検索できる建物の場所から得られる経験を踏まえて物件を提案賃貸のすべてをまかすことができる不動産会社を目指している
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧