タイトルロゴ

人気の横浜市でお部屋を借りたいならここにおまかせ!口コミで評判の賃貸不動産会社をランキング形式で紹介します。

横浜市の賃貸不動産の相場と安く借りる方法

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/25

都心への通勤・通学に便利なだけでなく、街自体にも多彩な魅力がある横浜市。人気が高く、賃貸不動産の世界においても強いブランド力を持っています。そのため、家賃相場もかなりの高水準です。しかし工夫次第では、物件を安く借りることも可能です。ここでは、人気の街・横浜市でお得な賃貸ライフを送るためのヒントについてお話しします。

家賃相場は全国屈指の高水準が続く

横浜市は人口約370万人を有する大都会で、単独の市としては日本で最も多くの人が住んでいます。また、異国情緒あふれる街という文明開化期以来の良好なブランドイメージもあることから、常に多くの住宅需要があります

賃貸不動産の世界においても事情は同じで、市内における家賃の相場は高い水準で安定しています。家賃の平均額等に関する公的な統計はありませんが、いくつかの不動産情報サイトが独自に調べた結果を総合すると、2020年前半期の横浜市における賃貸不動産の平均家賃は、築20年未満の物件でおおよそ72,000~75,000円程度です。さらに間取り別に見ていくと、シングル向けのワンルーム・1Kタイプは55,000円から58,000円、ファミリー向けの3LDKタイプだと100,000~120,000円程度がおおよその相場となっています。

この家賃相場は全国でも屈指の水準となっており、しかもここしばらくは大きな変動がありません。ちなみに横浜市の地価はバブル期の80年代後半から90年代前半にかけて大きく上昇した後は2000年代前半までは一貫して下降傾向にありましたが、それ以降はほぼ横ばいが続いています。

賃貸不動産の家賃も、そうした地価の動向とほぼ同じ推移をたどっているといえます。人口の減少が続く日本にあっても、横浜市は現在もなお流出人口より流入人口の方が多いという、全国的に見ても珍しい地域です。そのため、家賃水準もこの先しばらくは下落しないものとみられています。

家賃が割安なエリアを狙って物件を探す

住宅需要の高い横浜市では賃貸不動産の家賃も高水準で、この街で暮らすとなると住居費はかなりの高額となります。ただ、そんな横浜でも賃貸物件を安く借りる方法はあります。1つは家賃水準の安いエリアで物件を探すこと、そしてもう1つは出費そのものを抑えることです。

横浜市における家賃相場の相場を大まかに見た場合、市の北部に行くほど高く、南部に行くほど安くなる傾向にあります。横浜には全部で18の行政区がありますが、家賃の平均を区ごとに見ていくと高い区は北部に、安い区は南部に集まっており、その差額は最大で2万円ほどです。この価格差は東京都心部までの距離を反映しています。

横浜は大きな街なので市内にも就業・勉学・行楽のための場所はたくさんありますが、基本的には東京近郊のベッドタウンという性格を色濃く持っています。そのため、都心部へ通いやすいエリアほど家賃が高くなる傾向にあるのです。

ただし、横浜市は公共交通機関が非常に発達しているという特徴も持っているので、南部エリアだからといって通勤・通学にも不便ではありません。このエリアには、朝夕のラッシュ時だけ運行される快速電車なども運行されています。そのため、乗り継ぎ情報サイトなどを活用して移動経路と所要時間をチェックしながら物件探しを行えば、家賃が安い割に生活利便性の高い物件を見つけることも可能です。

初期費用の節約で実質的な値下げ効果を目指す

横浜市で賃貸不動産を安く借りるもう1つの方法は、住居費の支出そのものを減らすことです。といっても、これは家賃の値下げ交渉をするという意味ではありません。もちろん値下げ交渉をするのは構いませんし、結果的にそれがうまくいくケースもあります。

ただ、先にも述べた通り横浜は流入人口が多い街であり、賃貸を含めた住宅需要が途切れることがありません。したがって、値下げに応じてくれる大家さんを見つけるのはなかなか大変です。加えて、横浜は人口も多いので、もともと物件の数がたくさんあります。そのため、値下げを要請しても「もっと安い物件を他で探せばいいのではないか」といわれてしまう可能性が高くなります。

そういったときの住居費の節約方法は、初期費用が少なくて済む物件を見つけることで、結果的に住居費の総額を抑えるのです。具体的には、ゼロゼロ物件かフリーレント物件を探すことです。このうちゼロゼロ物件とは、通常の物件であれば入居時に支払うべき敷金または礼金のいずれか、またはその両方の支払いが不要という物件です。またフリーレント物件は、入居してすぐの1~3か月程度は家賃を支払う必要がないという物件をいいます。

これらはいずれも初期費用を軽減することで、稼働率を高めようと考えられた物件です。家賃そのものを値下げすると入居期間が長期にわたるほど大家さんの収入が減ってしまいますが、こうした物件であればその心配なしに入居しやすさをアピールできます。横浜市内でもこうしたタイプの物件は増えてきているので、情報サイトでキーワード検索をする際に活用してみるのがおすすめです。

 

人気の街・横浜は賃貸不動産の家賃相場も高く、その傾向は今後とも続くものと考えられます。しかし市内をエリア別に見ていくと都心からの距離があるゆえに割安な地域もあります。また、初期費用を節約できる物件なども増えているので、根気よく住まい探しを行えばお得な物件にめぐり合えるチャンスがあります。

賃貸不動産会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社VALOR(バロー)タウンハウジング横浜店ミニミニ神奈川横浜西口店ハウスコム横浜店株式会社サークルホーム 横浜西口店
特徴大学周辺の賃貸物件情報が豊富地元出身のスタッフが満足するまで物件を紹介公式サイトで駅チカ・築年数・家具家電付きなどの物件を検索できる建物の場所から得られる経験を踏まえて物件を提案賃貸のすべてをまかすことができる不動産会社を目指している
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索