タイトルロゴ

人気の横浜市でお部屋を借りたいならここにおまかせ!口コミで評判の賃貸不動産会社をランキング形式で紹介します。

賃貸不動産の物件選びに悩んだら大手ハウスメーカー賃貸を選ぶのも手

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/25

横浜市には賃貸不動産を扱う会社が多くあります。しかし、物件数が多いということは数ある候補の中から選択しなければならないということです。条件が似てしまう賃貸不動産が出ることも多く、迷うこともよくあるでしょう。そんな時には、ハウスメーカーの賃貸不動産に相談するのも1つです。そこで、関連するポイントを3点述べることとします。

最初に横浜市の特徴を把握しておこう

横浜市で賃貸不動産を探す時には、まず前提となる横浜市の特徴を知っておくことが第1歩となります。町は大きく4つのエリアにわかれており、その中で最大のエリアは「横浜駅エリア」です。商業施設も数多く、JRに東急、京急と相鉄など電車も数多く乗り入れています。その分、人気も高く賃貸不動産の賃料もそれに比例して高くなっていると考えてください。

続いて紹介するのは、都市景観100選にも選ばれた「みなとみらい21」がある「みなとみらい・ベイエリア」です。横浜市を代表するランドマークである大観覧車や高層ビルが建ち並ぶおしゃれなエリアになります。電線や光ファイバーの線等が地中に設置されており、町の色に統一感があることなども特徴といえるでしょう。再開発が最も進んでいる地域であることも見逃せないポイントです。

後は古くからの観光スポットである中華街や山下公園がある「関内・馬車道エリア」と、昔ながらの横浜市の下町ともいえる「野毛・桜木町・伊勢佐木町エリア」も横浜市を代表するエリアになります。横浜駅エリアの再開発の影響を受けて、以前よりは勢いが終息しつつありますが、映画館や飲食店が立ち並んでおり、根強い人気を誇っています。賃貸不動産を何の目的で使うかにもよりますが、エリアごとの特徴を知った上で考えを整理しつつハウスメーカーや物件仲介会社を探すこととなります。

「大家」と「仲介会社」と「管理会社」の違いを把握しよう

賃貸不動産探しにおいて、「大家」と「仲介会社」と「管理会社」は必ず関わってくる3要素であり、それぞれの違いを知っておくことはとても重要です。

まず大家に関しては、「物件の所有者であり、物件を所有しているだけのケース」と「管理も行っている場合」の2パターンあると思ってください。横浜市も含めて大都市圏である場合は、半数近いケースで所有と管理の両方を扱っていることが多く、残りが不動産会社の管理下にあります。これが地方になると、大家は管理を不動産会社に委託していることが多いのもポイントです。

続いて仲介会社ですが、こちらは「物件の所有者である大家と、物件探しをしている入居希望者を文字通り仲介すること」が主な仕事になります。自社管理物件を有する会社も多く、その場合は「仲介手数料なし」ということで宣伝しているケースも多いようです。ただし、単純に仲介会社というだけならば、引っ越しから鍵の引き渡しの段取りまでが業務内であり、管理の方は業務外ということになります。

そして管理会社は、「大家の代行として物件の管理や家賃の徴収等、物件の管理全般を請負う」のが仕事と思ってください。利用者の苦情対応にもスピーディーに対応してくれるため、大家側の立場で見るならば物件管理に関する問題が激減し、利用者の立場で考えると会社として幅広いカバーをする会社と連絡をとれることは魅力的でしょう。ただし、このタイプの会社に物件紹介を依頼すると、自社管理物件の中から適した物を探す形式となりますので、それ以外の物件までは手が回りません。その部分はデメリットともいえるでしょう。

大手ハウスメーカーに依頼する事のポイント

不動産会社には、大手の会社と地域密着型の2種類あることも知っておきたいポイントです。その中でさらに、仲介会社と管理会社の2つにわかれるのですが、賃貸物件探しでどうしても迷った場合は大手のハウスメーカーが管理会社になっている所に決めてしまうのも1つの選択肢です。

あるいは地域密着型等で、その地域の非公開や掘り出し物件を紹介してもらうという手もありますが、大家との交渉の段取りが長引いたり、物件特有の配慮をしなければならないポイントがあったりすることも少なからずあります。もちろん、それらを折込済みにしても充分メリットがある物件を探し出せる目算もありますが、慣れるまで一定の時間が掛かる点は否めませんし、場合によっては窮屈に感じてしまう様なことも充分考えられます。

それに対して、大手のハウスメーカーが用意している賃貸不動産物件ならば、一定の品質でルールもわかりやすく整備されていることが多いです。生活サポートは手厚いことが多く、家電の類等も最新の物が最初から備え付けられていることもあり、自分で用意する手間が省けるという点で大きいメリットがあります。

加えて退去時にも鍵を返せば、それだけでよいというようなこともあり、利用するとハウスメーカー系列の施設を無料や安価で使えることもよく見受けられます。もちろん、ケースバイケースである部分も多いのですが、選択に余り時間を掛けたくない事情がありお金にも余裕があるというならば、ハウスメーカーに相談して話を進めてしまうというのも堅実な判断といえます。

 

横浜市には横浜エリアを筆頭に、大きく4つのエリアが存在しエリア毎に特徴があります。それを理解した上で、大家と仲介会社と管理会社の特徴を把握しつつ、自分に1番よい条件の物件を探すことが基本です。ただし、物件特有の配慮しなければならないポイントなども数多いので、どうしても困った時は品質が均一に整備されている、大手ハウスメーカーの賃貸不動産で話を進めるのも1つの選択肢といえます。

賃貸不動産会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社VALOR(バロー)タウンハウジング横浜店ミニミニ神奈川横浜西口店ハウスコム横浜店株式会社サークルホーム 横浜西口店
特徴大学周辺の賃貸物件情報が豊富地元出身のスタッフが満足するまで物件を紹介公式サイトで駅チカ・築年数・家具家電付きなどの物件を検索できる建物の場所から得られる経験を踏まえて物件を提案賃貸のすべてをまかすことができる不動産会社を目指している
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索